夜食

夜食

一時期眠れなかったことがあります。

それは暑いのが原因だったのとあちこちがこわっていたかったからだと思います。

少し夜食を食べないと気になって眠れないんですが、身体に悪いと言っても眠りに影響するのでなかなか夜食をやめることはできません。

そのため少し中年太りしています。たまの1日くらいでしたから連続でまだ眠れない日が続かないからよい方だと思っています。

そのときは寝入りに入りにくいのが特徴です。寝入りが早い日は相当熟睡できます。季節の変わり目で暑くても寒くなっても眠りにつきにくいです。

かろうじて眠れた日はほっとします。幻聴がひどいときに寝入りに入りにくくて、暑いのが気になる日もそんなときだと思うんです。寝る前にドーパミンはたくさん出るでしょうか?

ドーパミン自体が活動する時に多く出ると正常な人では言われていますが、休もうとするときにでるドーパミンが多いのはやっかいです。

投薬して何分くらいに薬がきいてくるかあると思うんですが、寝入りの遅い傾向にあったんでちょっとだけ眠れなかった日がありました。

しかし最近良い睡眠をする日は夜10時30分くらいすると薬を飲まないでも眠気がしてきます。

そのときが調子よく眠れる日です。眠気がして30分(10時50分)くらいに薬を飲んでいます。

就寝もすぐそのあとに寝ています。幻聴が迷惑で眠れないときは1時間して起きて少しテレビをみていて15分くらいしたら今度は身体がきつくなって知らないうちにソファーで寝ていたことが冬の季節にありました。

あと昼寝を昼の2時からすることがあったり、朝寝坊して休日とか遅い時間に起きてしまうと夜の睡眠に影響するんだなと思うことがあります。

昼寝も昼寝たくなると耐えられないだけど寝てしまったら夜眠れないと思うこともありました。休日でも規則正しい朝起きや生活リズムで休日の過ごし方がよく私には理解できませんでした。休日でもあまり遅起きにならないようにして休日で体調をくずさないようにしてよく夜に睡眠をするのが今後の課題と思っています。

それで眠れる傾向と対策がはっきりしています。それで睡眠が安定して今のA型就労でお世話になっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です